たいぞうの日記

HTMLの練習を兼ねて、タグ手書きの日記サイトを立ち上げました。別段どうということのない、日常を綴っております。

2017年8月1日

今日から久々に日記を始めようと思う。

しかも、よく見かけるブログシステム「使うのではなく、手書きのHTMLでだ。

2000年ごろ、私はとある小さな出版社で、ウェブサイト運営の部署を任されていた。

2000年というと、今や巨大インフラとなったamazonが、従業員1500人をレイオフし倒産の危機が囁かれ、googleに至っては日本法人を立ち上げたばかりの頃で、ウェブ業界にいる人間にしかその存在は知られていなかった。
ホリエモンも、オン・ザ・エッヂという小さなウェブ制作会社の社長に過ぎなかった。

そんな、いまや大昔と言っても良い昔、私はカチカチとHTMLを書いてきたのだよ。

あれから17年経ったいま、もう一度HTLMを学び直したいと思う。 そして当時はほとんど使わなかったCSSも使って、現代のサイト作成の技術に追いつこうと思う。

まずは三日坊主にならないよう、気をつけたい(笑)

ではまた、明日も書くぞ!

2017年8月5日

先日打ち合わせで、初めて利用したTX「つくばエクスプレス」。

近代的で、まるで自動化された「ゆりかもめ」のモノレールにでも乗っているかのように、あまり揺れも感じず、スムースな乗り心地。車内も新しく綺麗だし、ホームも多分前駅でホームドアが設置されている。

歴史的に見れば新しい路線だし、人口密集地ではない場所に線路をとうしたのであろうから、こういうことが可能なのであろう。

雑然とした下町情緒がさして好きではない自分としては(笑)、この近未来的かつ小綺麗な感じが、なんだか気に入った。

さて、打ち合わせを終え、ホッ一息、家路につく時、電車が遅延した。説明によると車両故障だそうだ。どんなに近代化されたって、所詮は人は作ったものだ。時が経てば必ず壊れる。

それに、遅延と言ったって、たかだか10分くらいのことだ。

たった10分の遅れで「大変ご迷惑をおかけいたしました。深くお詫び申し上げます」との車内アナウンス。さらに英訳の謝罪も続く。
いつもながら、「別にこの程度のことで『ご迷惑』とまでは言わなくて良いんじゃないの?」と思う。

そもそも謝罪がアナウンサーだか声優などによって予め録音された謝罪なんて、謝罪じゃないよね。
そんな謝罪なら、やはりしなくていいと思う。

いや、そもそも謝罪自体しなくていいと思うのよ。
みなさんはどう思われますか?

2017年8月8日

ザ・マミーと言う映画を観た。

トムクルーズ主演のホラー映画で、
「ダーク・ユニバース第1弾」
と銘打っている。

アイアンマンなどのmarvelや
バッドマンを筆頭としたDCがやっている
複数の異なる映画で、同じ世界観を共有させる
「ユニバースもの」の1つのようだ。
ユニバースが本当に形成できるかどうかは、
この映画の動員成績ひとつにかかってる来るのではあろうが。。。

で、この映画。

実は日本では評判がすこぶる悪い。


いわく
「ラスボスの強さが半端すぎ」
「いろいろな要素を詰め込みすぎたのかな?」
「ラッセル・クロウのムダ遣い」
「ミイラものなのかゾンビものなのかわからん」
「マズいアクションや単調で分かりづらい物語」


と本当に評判は散々。
むしろ見てみたくなり、映画館に足を運んだ。

期待していなかったことが良かったのか、
個人的には楽しめた。

なんも残らなかったけど。。。

確かにラッセル・クロウ扮するキャラクターは、別に今作では居なくても、ストーリ的には全く問題はなかった。問題はないどころか、出てくることで流れ分断してしまった。

恐らく今後の布石。「登場人物紹介」ということだったのだろう。
だから、ストーリーの流れとしては不要であったとしても、出さざるを得なかった事情はお察し申し上げる。


ラスボスのアマネットも、登場して序盤で一度すぐ捕まっちゃうし。
そんなに強くない。

でもまあ、
期待して居なかった自分としては
そして
ゾンビやミイラに詳しくない自分としては
別段、つまらない、と言うとこはなかった。


次回作に期待!と言う感じかな。

次回があればいいのだけれど。

たいぞうの日記

特定商取引法に基づく表示